FC2ブログ
Windows Vista関連の役立つ情報を発信しています。

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEW Lalalaland トップ > 「Vistaのベストな使い方」 > Windows Vista の基礎知識 > Windows Vista のアクティベーション

【質問】Windows Vista のアクティベーション
【解説】
アクティベーションとは、利用者が、そのソフトウェアの正規のライセンスを持っているかを証明する行為で、OSの不正利用などを防止するために WindowsXP 以降実施されています。

Windows Vista でも、初めてOS( Windows Vista )を起動した時、初期設定のウィザードの中で「ライセンス認証の手続きをしますか?」と表示され、インターネット経由、または、電話でアクティベーションを行うよう促されます。

初回起動時から30日以内にアクティベーションを行わないと機能縮小モードになり、OSが利用できなくなるため、必ず実行する必要があります。

尚、パソコンメーカー製のプリインストールパソコンに関しては、メーカーがライセンス認証取得してからパソコンを出荷しているため、アクティベーションを促すウィザードは起動しませんが、心配ありません。
 
<<「Windows Vista の基礎知識」に戻る>>
<<「Vistaのベストな使い方」メニューページに戻る>>
<<New Lalalaland トップページに戻る>>

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。