FC2ブログ
Windows Vista関連の役立つ情報を発信しています。

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEW Lalalaland トップ > 「Vistaのベストな使い方」 > Windows Vista の基礎知識 > Windows Vista に最適なグラフィックスは何か?

【質問】Windows Vista に最適なグラフィックスは何か?
【解説】
「Windows Vista に最適なCPUは何か?」でも解説していますが、Windows Vista には、OSやアプリケーションソフトなどが快適に動作するかを調べるための「Windows エクスペリエンスインデックス」というツールが用意されています。

「Windows エクスペリエンスインデックス」は、ハードウェアのパフォーマンス結果を数値化し、そのパソコンの性能を得点で表す機能があります。マイクロソフト社によると、この得点は、最低は「1.0点」、最高は「5.9点」で、「3点」以上が Windows Vista を快適に使える目安とのこと。

下記は、某・パソコン雑誌に掲載された「Windows エクスペリエンスインデックス」を利用しての、グラフィックスの検証結果です。

PCのタイプ グラフィックスの種類 検証結果の数値
ノートPC チップセット(i915GM)内蔵 1.9
チップセット(i940GML)内蔵 2.1~2.4
チップセット(i945GM)内蔵 3.3
チップセット(RADEON XPRESS 200M)内蔵 2.2
チップセット(RADEON XPRESS 1100)内蔵 3.0~4.3
デスクトップPC チップセット(i945G)内蔵 3.0~4.2
チップセット(RADEON XPRESS 200)内蔵 3.1
GeForce 7600 GS(ビデオメモリー256MB) 4.7

チップセット内蔵のグラフィックスは、通常、パソコンのメインメモリーの一部をビデオメモリとして使います。Windows Aero を動作させるにはビデオメモリー128MBが必要で、メインメモリーが512MBだとビデオメモリーが十分確保できない場合があるなど、検証結果の数値は、グラフィックスの種類とビデオメモリーの容量で変化するため、1GBの状態で計測したとのこと。

ノートPC用のグラフィックス「チップセット(i915GM)内蔵」では Aero は利用できず、「チップセット(i940GML)内蔵」では Aero をオフの状態で起動し、設定変更で利用できることもあったが動作は重かったとのこと。

上記の結果から、ノートPC用のグラフィックスでは「i945G系」か「RADEON XPRESS 1100」が、Aero を快適に使える最低ラインと言えます。

グラフィックスに関しては、Windows Vista 対応の最新タイプを選択するのが無難でしょう。
 
<<「Windows Vista の基礎知識」に戻る>>
<<「Vistaのベストな使い方」メニューページに戻る>>
<<New Lalalaland トップページに戻る>>

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。