FC2ブログ
Windows Vista関連の役立つ情報を発信しています。

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEW Lalalaland トップ > 「Vistaのベストな使い方」 > Windows Vista の基礎知識 > USBメモリーを使って Windows Vista の動作を高速化できるって、ホント?

【質問】USBメモリーを使って Windows Vista の動作を高速化できるって、ホント?
【解説】
Windows Vista には、「USBメモリー」、「SDカード」などのフラッシュメモリーをメインメモリー(システムメモリー)の一部として使える「ReadyBoost (レディーブースト)」というパソコンの動作を高速化する機能があります。厳密に説明すれば、メインメモリー(システムメモリー)ではなくキャッシュとして利用しています。

メインメモリーを増設した場合ほど劇的な体感速度の向上はありませんが、メモリースロットが少なく増設が難しいノートパソコンでは非常に効果があり、体感速度向上に役立つ機能と言えます。また、USBメモリーをパソコン動作中に取り外してもOSが停止することはありません。

尚、ReadyBoost (レディーブースト)機能が使えるUSBメモリーは「高速なもの」という規定しかなく、転送速度の遅いUSBメモリーでは、高速化できないので注意してください。

【用語解説:フラッシュメモリー】
「フラッシュメモリー」とは、データの消去・書き込みを自由に行なうことができ、電源を切っても内容が消えないメモリー(記憶装置)のこと。

メモリーには、「RAM(ラム)=Random Access Memory」と呼ばれる「データの読み書きを自由に行なえるものの、電源を切るとデータが消える」ものと、「ROM(ロム=Read Only Memory}と呼ばれるタイプがありますが、「フラッシュメモリー」は両者の要素を兼ね備えたメモリーになります。
 
<<「Windows Vista の基礎知識」に戻る>>
<<「Vistaのベストな使い方」メニューページに戻る>>
<<New Lalalaland トップページに戻る>>

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。