FC2ブログ
Windows Vista関連の役立つ情報を発信しています。

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEW Lalalaland トップ > 「Vistaのベストな使い方」 > Windows Vista の基礎知識 > ロープライオリティI/O機能

【質問】ロープライオリティI/O機能
【解説】
Windows XP では、インデックスの作成やデフラグなどのバックグラウンド処理で、パソコンのパフォーマンスが著しく低下することがありました。

Windows Vista では、この問題を改善するために「ロープライオリティI/O」という新機能を搭載しています。

バックグラウンドで動作するアプリケーションソフトに対し「ロープライオリティI/O機能」を適用すると、HDD(ハード・ディスク・ドライブ)へのアクセス優先順位を低く設定できます。

バックグラウンドでデフラグ実行中にブラウザを起動すると、ブラウザのHDDへのアクセスが優先され、デフラグが後回しになり、主要アプリケーションソフトのパフォーマンスを低下させることなく、複数のアプリケーションソフトを同時実行させることが可能になっています。

Windows Vista では、デフラグ、ウィンドウズディフェンダーのスパイウェアスキャン機能、検索インデックス作成機能などに「ロープライオリティI/O機能」が適用されています。

Windows Vista では、「スーパーフェッチ機能」と「ロープライオリティI/O機能」を組み合わせることで、パソコンのパフォーマンスが著しく低下することがないよう工夫されているのです。

但し、「ロープライオリティI/O機能」は、ソフトの開発元だけが設定可能で、ユーザーは設定できません。
 
<<「Windows Vista の基礎知識」に戻る>>
<<「Vistaのベストな使い方」メニューページに戻る>>
<<New Lalalaland トップページに戻る>>

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。