FC2ブログ
Windows Vista関連の役立つ情報を発信しています。

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEW Lalalaland トップ > 「Vistaのベストな使い方」 > Windows Vista のベストな使い方 > USBメモリーを利用してVistaを高速化する

■USBメモリーを利用してVistaを高速化する
【解説】
■ReadyBoost (レディーブースト)機能
「USBメモリーを使って Windows Vista の動作を高速化できるって、ホント?」でも解説していますが、Windows Vista には、「USBメモリー」、「SDカード」などのフラッシュメモリーをメインメモリー(システムメモリー)の一部として使える「ReadyBoost (レディーブースト)」というパソコンの動作を高速化する機能があります。厳密に説明すれば、メインメモリー(システムメモリー)ではなくキャッシュとして利用しています。

これの機能を使えば、メモリー増設できないパソコンでも頻繁に利用するプログラムを高速起動することが可能になります。

尚、レディーブースト機能のために接続したUSBメモリーはパソコンに接続したままにしておかなければいけない(Vista 起動中に取り外してしまっても強制終了することはない)。

利用可能なUSBメモリーは高速タイプのもので、容量は256MB以上(最大4GB)。最近では「ReadyBoost 対応」と明示している製品もあります。

過去に購入したUSBメモリーが使えるかは、パソコンに接続すれば Vista が自動的にテストを行い判定してくれます。

USBメモリーをパソコンに接続すると、自動的にダイアログボックスが表示されます(開かない時は、エクスプローラでUSBメモリーのプロパティを開きます)。この画面で「システムの高速化」を選択するとUSBメモリーのテストが開始されます。

具体的にはUSBメモリーの読み書きの速度を測定するので、USBメモリーを接続するのはパソコンが起動しHDDのアクセスなどが落ち着いた後がよい

USBメモリーの性能によって、テストのたびに合格・不合格が変わることもあるので注意したい。

接続したUSBメモリーが使用できると判定されたら、次に使用する容量を設定します。通常は初期設定のままでかまわないが、大容量のUSBメモリーをファイル保存にも使いたいなら、その分を残す設定にします。ちなみに、フラッシュメモリーは書き替え回数に制限があるため、どのビットも均等に使うようになっていることを考慮すると、少し空き容量を残しておくほうがいいと言えます。

レディーブースト機能は、体感速度的には大きくないが、繰り返し起動するプログラムの起動などが速くなります。
 
<<「Windows Vista のベストな使い方」に戻る>>
<<「Vistaのベストな使い方」メニューページに戻る>>
<<New Lalalaland トップページに戻る>>

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。