FC2ブログ
Windows Vista関連の役立つ情報を発信しています。

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEW Lalalaland トップ > 「Vistaのベストな使い方」 > Windows Vista のベストな使い方 > USBメモリーへのアクセスを高速化する

■USBメモリーへのアクセスを高速化する
【解説】
「USBメモリーを利用してVistaを高速化する」「USBメモリーを使って Windows Vista の動作を高速化できるって、ホント?」でも解説していますが、Windows Vista には、「USBメモリー」、「SDカード」などのフラッシュメモリーをメインメモリー(システムメモリー)の一部として使える「ReadyBoost (レディーブースト)」というパソコンの動作を高速化する機能があります。

今回は、Windows Vista 搭載パソコンに、USBメモリーを接続したままにしてレディーブースト(ReadyBoost)機能を利用する場合、USBメモリーへのアクセスを高速化する方法について解説します。

■設定手順
1.「スタート」→「コントロールパネル」→「システム」を開きます。
2.左側の「デバイスマネージャ」を起動します。
3.画面内の「ディスクドライブ」を選択し開きます。
4.「USBメモリー」を右クリックしプロパティをクリックします。
5.「USBメモリーのプロパティ」画面の「ポリシー」タブをクリックします。
6.「パフォーマンスのために最適化する」の項目を選択→「OK」ボタンをクリックで画面を閉じます。
7.再起動を促される場合は再起動し設定完了です。

注意点
この設定を行った場合、タスクバー右側の通知領域に(画面右下の部分)「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンが表示されます。

設定したUSBメモリーをパソコンに電源がはいったまま取り外す時には、必ず「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンを操作し、使用を停止させる必要があります。この操作を行わないと、ファイルが破損することがあるので注意して下さい。

また、USBメモリを取り外す場合、USBメモリー上のファイルにアクセスしているプログラムは全て終了させておく必要があります。1つでもアクセス中のプログラムが残っていると取り外しが出来なくなります。

Windows Vista 自身がアクセスしているために停止できないこともありますが、その場合は、面倒でも、パソコンの電源を終了(シャットダウン)してからUSBメモリーを取り外してください。
 
<<「Windows Vista のベストな使い方」に戻る>>
<<「Vistaのベストな使い方」メニューページに戻る>>
<<New Lalalaland トップページに戻る>>

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。