FC2ブログ
Windows Vista関連の役立つ情報を発信しています。

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEW Lalalaland トップ > 「Vistaのベストな使い方」 > Windows Vista の基礎知識 > Windows Vista に必要なパソコンのスペックは?

【質問】Windows Vista に必要なパソコンのスペックは?
【解説】
Windows Vista を動作させるために必要なパソコンのスペックは下記です。

■マイクロソフト社推奨の Windows Vista 対応パソコンのスペック
Windows Vista Capable Windows Vista Premium Ready
C P U 最近のCPU
(動作周波数800MHz以上)
32bit/64bitのCPU
(動作周波数1GHz以上)
メモリ 512MB 1GB
「Windows Aero対応」とは、WDDM(Windows Display Driver Model の略称で、Vista 用ドライバーのこと)に対応していること。ハードウエアで稼動する Pixel Shade 2.0 および32bitカラー表示への対応が必要。
グラフィック DirectX 9 対応
(WDDMサポート推奨)
Windows Aero対応
ビデオメモリ 条件指定なし 128MB
※(注意)
しかし実質「256MB」でないと動作が多少重いと思います。
HDD 20GB
(15GB以上の空き)
40GB
(15GB以上の空き)
光学ドライブ CD-ROMドライブ DVD-ROMドライブ
オーディオ 条件指定なし オーディオ出力機能
インターネット 条件指定なし インターネット接続機能

「マイクロソフト社推奨の Windows Vista 対応パソコンのスペック」は上記になるが、注意したい点として、Windows Vista は WindowsXP以上にメモリーを消費するOSなので、Windows Aero(エアロ)をオフにすれば512MBでもなんとか使えるが、実際には1GB以上搭載するのが無難だと思います。チップセットの内蔵グラフィックス機能を使うパソコンでは、メインメモリーの一部(64MB~256MB)がビデオメモリーに使われるため、その分を差し引いた実質メインメモリー容量を考えると、やはり1GB以上の搭載が必須になります。
 
<<「Windows Vista の基礎知識」に戻る>>
<<「Vistaのベストな使い方」メニューページに戻る>>
<<New Lalalaland トップページに戻る>>

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。